占ってほしいことを自分の中でまとめておこう!

電話占い利用前に
電話占いを実際に利用してみる時、どんな風に相談するべきかな、どうやって伝えようと不安に感じることもあるのではないでしょうか。

いざ、電話占いで電話がつながっても、緊張して思うように相談できないという人も少なくありません。そのため、できれば占ってほしいことは自分の中でしっかりまとめておくことが大切です。

電話占いのメリットとデメリット

電話占いというのは、その名の通り電話で占いをしてもらうこと。相手に顔を見られなくて済むし、自分も相手の顔が見えないので、緊張感が少なく本心を話しやすいといったメリットがあります。

しかし、対面占いのように相手の表情を直接見るわけではないので、表情から気持ちを読み取ることは出来ません。

そのため電話占いでは、相手の声のトーンなどで判断をしなくてはいけないのです。それが一つ難しいところではないでしょうか。

相談中の声のトーンで、占い師は相談者が考えている問題の深刻さがすぐに理解できることもあります。

しかし緊張してなかなか話し始めることが出来ないというときには、どんどん時間ばかりが過ぎていき、なかなか問題の本質が見えてこない時もあります。

電話占いの場合は、1分単位で鑑定料がかかるので、できれば問題の本質を見極めて鑑定に入りたいところです。また人気占い師になると、次の予約などもあるため、きちんと時間を守った相談が原則になることもあるのです。

これらを考慮すると、やはり自分の相談内容は明確にしておくことが大切ですね。

占いの方法によって、必要な情報が異なる

電話占いをするときには、どんな風に占い師を選びますか?写真を見て、占い師のイメージで選びますか?それとも鑑定価格で選びますか?

そのほかには口コミや評判といったものもあります。また、私たちが占いをする上で考慮しておくべきことがもう一つあります。それが占いの方法です。

占い師は、自分が専門、得意とする占いの方法で鑑定をしてくれます。その占いの方法によっては、誕生日が必要になることもあります。

また相手の名前の漢字が必要になることもあります。もちろん付き合っている彼とのことを占ってもらう場合、彼の誕生日や名前の漢字を知っている人がほとんどだと思いますが、付き合いが浅い場合は、わからないという場合もあります。

またこれから付き合いを始めたいという場合には、彼の細かいことがわからないこともあるのではないでしょうか。

占いの方法によって、必要になる情報が異なるのであらかじめチェックしておくと便利です。もしもまだ彼のことがよくわからないというときには、特別な情報がなくても、自分の名前や誕生日の情報だけあれば占いが出来るというものを選ぶといいでしょう。

せっかく占いをしてもらおうと思ったのに、情報不足でできないというのは悲しすぎますから。

核心をついた質問で、ピンポイント占いをしてもらおう

電話占いの相談内容
占いをしてもらうと、いろいろなアドバイスをもらえるけれどたくさん助言がありすぎて、結局どうしたらいいの?とまた悩んでしまう人も少なくありません。そのような混乱を避けるために、核心をついた質問をすることが重要です。

たくさん聞きたいことがあっても、電話占いをする時間も費用も限られていますし、できれば今聞きたいこと、今起こっている問題を中心に相談内容を考えておくといいでしょう。

その問題についてアドバイスをもらうことが出来たら、これからまた前進するきっかけができるのではないでしょうか。

そのきっかけさえわかると、これからの未来がどんどん開けてくるかもしれません。そして自分自身でその道を切り開いていくことが出来るかもしれません。

占いはあくまでそんなきっかけになることの一つなのです。そのためあらかじめ相談の内容を明確にして、自分の聞きたいことをピンポイントで相談することが重要なのです。