電話占いのスムーズな電話の切り方!合わない占い師と当たってしまったときの対処法

電話占いサイトには多くの占い師がいるので、中には性格的に合わない占い師も。

そんなときはどうすれば良いのか、相性の悪い占い師に相談してしまったときの対処方法を3つ紹介していきます。

用事ができたと伝えて早めに電話を切る

電話占いをするときは、相談内容を伝えて占いをしてもらい、最終的に結果やアドバイスをもらうことになります。

最初の段階で合わないと思うのであれば、用事ができたフリをして早めに電話を切るようにしましょう。

大事な電話がかかってきた」「赤ちゃんが泣きだしてしまった」「お客さんが来た」など、

嘘でも良いので言い訳を作って早めに切るのがおすすめ。

夜中だと言い訳を作りにくいですが、そんなときは「お腹が痛い」「夫が帰宅した」などの理由がおすすめです。

いきなりガチャ切りするのは失礼になるので、理由をつけて鑑定を終わらせたいと伝えるようにしましょう。

質問を少なくして通話時間を短くする

なかなか自分から電話を切ることができない人は、質問をあえて少なくするのがおすすめです。

電話占いをする人の多くは質問したい内容を前もって考えていますが、その質問を極端に少なくしましょう。
「この占い師とは合わない」と思った時点で質問を少なくして、最小限のことしか聞かないようにします。

質問が多くなると時間も長くなるので料金も高くなります。

ある程度質問したところで「ありがとうございました。ではまた何かあったらご相談します」と伝えて、電話を切る方向にもっていけばOK。

それでも粘ってくる占い師もいますが、ほとんどの場合はそのまま電話を切る流れになります。

話を膨らませずに納得したフリをして電話を切る

電話占いをすると占い師から色々なアドバイスが貰えます。

そのアドバイスを詳しく聞くと時間がかかるので、話を膨らませないようにしておきましょう。

例えば、「あなたは真面目で何事にも一生懸命な人」と言われた場合、自分では納得していなくてもあえて反論はしないでおきます。

何を言われてもそのまま受け入れていけば話がスムーズに進みますし、鑑定も早く終わるのでおすすめ。

その通りですね。納得できました、ありがとうございました」など言い、満足したフリをして早めに電話を切りましょう。

いきなり電話を切るのは失礼なので、満足したフリをすればお互いに気持ちよく鑑定を終わらせることができます。

ガチャ切りはやめておこう

前もってどんな占い師なのか調べていても、実際に話してみると想像と違うこともあります。

我慢して鑑定を受ける必要はないですが、相手も人間なのでガチャ切りは失礼。

早く電話を切るように、言い訳をしたり質問をしないでおいたりして早々に鑑定を終わらせるようにしましょう。